生活習慣病で実施される主な検査

早期発見ができれば安心

どんな検査をすればわかるのか

糖尿病を発症したら、厳しい食事制限などをしなければいけません。 好きなものを食べられないのは、非常に辛いです。 早く気づけば、そこまで食事制限は厳しくなりません。 すぐに治療が終わるので、身体に与えられる負担も少なくなります。 そのため、検査を進んで受けましょう。

尿検査からわかること

病院で細かい検査を受けることで、自分が生活習慣病を発症していないかわかります。
病気になっていることが分かっても、発見が早ければまだ間に合うので、冷静に対応してください。
尿検査をすることで、糖尿病になっていないかわかります。
さらに血液検査をすることもあります。
糖尿病は、発症していても気づかないことが多いです。
発見が遅れると他の病気を併発することもあるので、定期的に検査を受けてください。

血圧を測定することで、高血圧症になっていないか判断できます。
高齢の人が、高血圧症になると思っている人が多いです。
ですが若い人でも、症状を発症する可能性があると忘れないでください。
若いから自分は大丈夫と、油断してはいけません。
万が一のことを考えて、検査を受けましょう。
また検査をすれば、高血圧症になる可能性があるかも判明します。
もし発症する可能性が極めて高いと言われたら、予防する方法を医師に聞いてください。
普段の生活で気をつけていれば、高血圧症を回避できます。

他の生活習慣病に比べて、脂質異常症という名前を聞いたことがある人は少ないのではないでしょうか。
脂質が身体に異常なほど多く蓄積されている状態になります。
放っておくと、血管が細くなって血液が詰まってしまうなど、命を落とす危険もある恐ろしい症状です。
脂質異常症になっていた場合は、薬品を投与して肝臓の機能を回復させます。
医師に言われた通りに、薬を服用しましょう。

高血圧に要注意する

生活習慣病の検査をする際は、血圧も測定します。 血圧が高いと、高血圧症だと判断されます。 測定の仕方が間違っていると、正しい結果を知ることはできません。 慣れていない人は、血圧の計り方をよく聞いておきましょう。 機械があれば、自宅でも測定できます。

コレステロールが関係している

身体に、コレステロールはあまりよくない存在だと思っている人が多く見られます。 しかしHDLコレステロールは、身体にとって必要な存在です。 たくさんあるといけない存在なのは、LDLコレステロールだと覚えておきましょう。 放っておくと、血管が詰まって最悪は死に至る病気です。

TOPへ戻る