早期発見ができれば安心

>

高血圧に要注意する

塩分の多い食事が原因

血圧を測定すると、数値が2つ現れます。
最高血圧は140㎜Hgを超えたらいけません。
最低血圧は、90㎜Hgを超えたら高血圧症だと判断されます。
片方の血圧だけが基準値を超えている場合も、高血圧症に該当します。
塩分の多い食生活を続けていると、高血圧症になりやすいので注意してください。

高血圧症と言われた、またなりかけていると言われた場合は、塩分を控えるよう心がけてください。
また、身体に水分が溜まっていることも原因に挙げられます。
新陳代謝が活発になるよう身体を適度に動かしたり、ミネラルを摂取してください。
そのような予防をしていれば、今度の健康診断では血圧が正常値に戻っていると思います。
普段から、血圧に気を配ってください。

自宅で検査する際のポイント

家電量販店に行くと、血圧を測定する機械が販売されています。
それがあれば、実は自宅でも血圧を計れます。
1年に1回病院で調べるだけでは、不安だという人がいるでしょう。
そんな人は自宅でも気軽に測定できるよう、機械を購入してください。
自宅で測定して基準値を超える日々が続いた場合は、身体に異常が起こっている可能性が高いのですぐ病院へ行きましょう。

計るタイミングは朝起きてから1時間以内、そして夜寝る前がおすすめです。
計測する前に、トイレに行ってください。
結果を忘れずにメモしておきましょう。
病院へ行く時は、メモを必ず持って行ってください。
医師に見せれば、いつ頃から体調に変化が起こっていたのか簡単に伝えられます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る